1. home
  2. Japan journal, Journal
  3. はんなり暮らし16~丹後ちりめん~

はんなり暮らし16~丹後ちりめん~

Hannari Life Vol. 16 ~Tango Chirimen ~

.

最近、私は新しい事にチャレンジしてみました!!
コロナ禍ということもあって、初めての体験!!オンライン工房見学!!を体験してみました!!
ネットサーフィンをしていた時に、ふと目に留まったのがこちら【オンライン織物ファクトリーツアーin海の京都・与謝野町】私の興味をそそるタイトルやん!と思って早速、申し込みをし、オンライン工房見学を体験してみました。

このツアーは3回に分けてのオンライン工房見学なので、まずは1回目の工房について書かせていただきます。
今回、オンライン織物ファクトリーツアーさせていただいたところは『臼井織物』さんです。


These days I tried something new !!
It’s my first experience because of the coronavirus pandemic !! I tried to experience an online factory tour !!
When I was surfing the net, I found the “Online Textile Factory Tour in Kyoto by the sea, Yosano-cho”, and I was very interested in the title, so I immediately applied for the tour.

Since this tour has three parts, so first I will talk about the first factory.This time, the factory tour I joined was “Usui Textile”.
臼井織物さんとは、創業者の臼井輝夫氏が23歳で創業。
丹後の自宅で織った正絹反物を、京都市内の客先一軒一軒に自転車で販売することから始まり、現在では、分業化の進んだ丹後産地で全製品の撚糸と製織を自社で行う数少ない「合繊丹後ちりめん織元」として、3,000種を超える生地開発で蓄積された技術・経験を活かした独自製品をつくり続けているところです。
※丹後ちりめんとは、京都府・丹後地方で緯糸に強撚糸を使用して織られ、丹後で精練加工を経ることで生地表面にシボと呼ばれる凹凸が生まれる、後染め織物の総称です。


今回、オンラインファクトリーツアーでお話をお伺いしたのは、臼井勇人さん


“Usui Textile” was founded by Mr. Teruo Usui when he was 23 years old.
It started by selling the silk cloth woven at Tango’s home to each customer in Kyoto by bicycle. Nowadays, as one of the few “Synthetic fibers Tango Chirimen Orimoto” that twists and weaves all products in-house in the Tango production area where the division of labor has progressed, they are keeping to make original products that utilize the technology and experience accumulated in the development of more than 3,000 kinds of textiles.
Tango Chirimen is a general term for piece-dyed textiles that are woven by using hard-twisted thread for its weft in Tango area of Kyoto, and it has roughness called “shibo” on the surface through the refining process there.


This time I talked to Mr. Hayato Usui in the online factory tour.
広巾のちりめんを織ることのできる機械を導入されたことで、着物の生地だけではなく、洋服向けの生地や
インテリアにも使える生地なども織られている臼井織物さん。
お話をお伺いしている中で興味を持ったのは、再生ポリエステルを利用されているという事に驚きました!!
私は、丹後ちりめん=シルクと思っていたので、シルクを使用されているから高級品、京都の高級ブランドといったイメージがありました。再生ポリエステルなども使用されていることを聞いて、正直、複雑な気持ちになりました。丹後ちりめんって高級なイメージがあるし、先にも書いたようにシルクだと思っていたので、少しがっかりな気持ちと裏腹にお手頃ってこと?と思うと手に取りやすいかも・・・・といった気持ちとが入り混じり複雑な心境でお話をお伺いしておりました。


The introduction of a machine that can weave wide-width Chirimen brought not only kimono’s textiles but also textiles for clothes and interior to Usui Textile.
I was surprised that recycled polyester was used.
I thought that Tango Chirimen =silk, so I had the image of a luxury item and luxury brand in Kyoto because silk is used.To be honest, I felt complicated because recycled polyester was also used.I was a little disappointed but I was listening to the story with complicated and mixed feelings because I thought it might be a reasonable price and easier to get it at the same time.
再生ポリエステルはペットボトルを原料とするため、比較的安価です。
一方で、高級感のある雰囲気が演出できるのも良いところ。シルクのような光沢感を持たせることも可能だそうです。肌触りのなめらかさはシルクには及ばないものの、低コストで高級感のあるグッズや衣類を作りたいときなどに重宝する素材と言えそうです。

“再生ポリエステル”はサスティナブル素材となるので、今の時代にはマッチしているのかもしれませんね。
時代に合わして順応していくこともまたSDGsとなり、伝統工芸品としても持続可能性となることでしょう。


Recycled polyester is relatively inexpensive because it is made from plastic bottles.
On the other hand, it is also good to be able to produce an atmosphere with a sense of luxury. It seems that it is possible to give it a silky luster.Although it is not as smooth to the touch as silk, it can be said to be a useful material when you want to make low-cost, high-class items and clothes.

“Recycled polyester” is a sustainable material , so it may be a good match for this era.
Adapting to the times will also be SDGs and sustainable as a traditional craft.

2022/01/18

Hannari_san