1. home
  2. Japan journal, Journal
  3. アパレル業界のS A L Eをする理由

アパレル業界のS A L Eをする理由

Reasons for SALE in apparel industry

Reasons for SALE in apparel industry

皆様、こんにちは。S A Y Aです。

もうすぐ冬のS A L Eシーズンに突入しますね。
私はアパレル販売員時代、12月に入るとS A L E準備で毎日忙しく、大晦日も日付が変わるギリギリまで準備をして、1月1日も朝6時には仕事をしていました。
それほどの大きな売り上げが取れるS A L Eだったのは、、、10年ほど前の話です。
近年S A L Eの売り上げは、ピーク時の半分かそれ以下になってしまい、客数、客単価ともに減少傾向です。
果たしてS A L Eは本当に必要なイベントなのでしょうか。

今回は“アパレルのS A L Eについて”私なりに考えてみました。


Hi, everyone. I’m SAYA.

We are about to enter the winter SALE season.
When I was an apparel salesperson, I was busy with preparing for SALE every day in December, prepared until the last minute when the date changed on New Year’s Eve, and worked at 6 am on 1st January.
It was about 10 years ago that SALE was able to make such a big profit.
In recent years, profits of SALE have fallen to half or less of the peak, and both the number of customers and the average customer prices tend to decline.
Is SALE really a necessary event?

This time, I thought about “SALE in apparel” in my own way.
・アパレル業界のS A L Eをする理由

S A L Eとは「安売り」「値下げして売る」といった意味で、実売期間に人気がなく売れ残っている商品や、作りすぎてしまい在庫が余っている商品を安くして売ることで、在庫消化に繋がること。
相乗効果で他の商品も売れやすくなるので、S A L E用に用意された商品も店頭にだし、プラスαで売り上げをつくるブランドも多いのではないでしょうか。


Reasons of SALE in apparel industry

SALE means “bargain sale” and “sell at reduced prices”. By selling unsold products that are not popular during the actual sales period, or products that are overproduced and have excess inventory at a low price, it will lead to inventory reduction.
The synergetic effect makes it easier to sell other products, so I think stores sell products prepared for SALE and there are many brands that can make plus something, profits.
・S A L Eのメリットとデメリット

メリットは今季の在庫を消化することができること。
売り上げがつくられ、現金化されることです。

デメリットは、まず第一にブランドのイメージが下がることですね。
S A L E前に、商品をプロパーで買ったお客様からしたら裏切り行為でしかありません。
「どうせS A L Eになるし、プロパーで買うのは馬鹿馬鹿しい」というお客様が増えてしまい、プロパー商品が売れなくなってきます。
そんな気持ちになったお客様はきっとリピーターにもならず離れていってしまうでしょう。
S A L Eはお客様がS A L Eマジックにかかります。
店内は赤札まみれで、%O F F表記だらけ、S A L Eポスターがいたるところに貼られている。
そんな状況になれば、、、「安いし買ってみようかな」と不要なものまで購入してしまいがち。
こんな状況で購入したものは、大切にしませんよね、、、。
服の余剰在庫を増やさない代わりに、お客様の不要な服が増えてしまうのであれば意味がありません。


Advantages and disadvantages of SALE

The advantages is that this season’s inventory can be consumed.
It’s about making profits and converting to cash.

The disadvantage is that the image of the brand goes down in the first place.
It’s only a betrayal for customers who bought the product at the original price before SALE.
The number of customers who say, “It’s going to be SALE anyway, and “it’s ridiculous to buy it at the original price.” Will increase, and products at the original price will not sell so much.
Customers who feel that way will surely leave without becoming regular customers.
SALE performs SALE magic on customers.
The inside of the store is covered with red bills, full of %OFF labels, and SALE posters are stuck everywhere.
In such a situation, saying, “I think I should buy it cheaply.” I tend to buy unnecessary things.
I don’t cherish what I bought in this situation, right?
It doesn’t make sense if your unwanted clothes increase instead of increasing your excess inventory of clothes.
・今後のS A L Eのあり方

S A L Eは色々な種類があり、今回オススメしたいのは、S E C R E T S A L E(シークレットセール)、PRESALE(プレセール)です。

こちらは顧客様に向けて行うS A L Eで、普段ご愛顧いただいていることに感謝の気持ちを込めて、一足早くS A L E価格でご購入していただけます。
こういったS A L Eのやり方は顧客様にとってプラスなもの。
顧客様の囲い込みにもなるので、ブランドにとってもプラスになるS A L Eだと思います。
ただ「S A L Eを完全になくす方が良いのか?」と問われると、そうでもない気がします。
売れる商品をつくることは大切なことではありますが、ブランドデザイナーが売ることばかり考えて、ブランドらしさがなくなるのは本末転倒ですよね。
売りたい商品、ブランドらしい商品のバランスを考えながら商品企画することが重要です。


How future SALE should be

There are various types of SALE, and I would like to recommend SEACRET SALE and PRE SALE.

This is a SALE for customers, and you can purchase it at the SALE price as soon as possible with a feeling gratitude for your patronage.
Such SALE is a plus one for customers.
I think it’s also for brands to retain customers.
But, when asked, “is it better to eliminate SALE completely?”, I don’t think so.
It’s important to make popular products, but it defeats the purpose that brand designers just think about selling and lose the uniqueness of their brand.
It is important to plan products while considering the balance between the products you want to sell and the products that are unique to your brand.
10年前と近年のS A L Eの在り方は大きく変わりました。
10年前の服は、それなりに高価なもので、簡単に何着も買えないのが当たり前。
当時のS A L Eは高くて買えなかった服を買うことのできる、特別な日でした。
そんな日が一転した原因は、ファストファッションの流行です。服の価値観が大きる変わり、S A L Eも特別な日ではなくなりました。
今、ブランド側のS A L Eをする理由は「在庫消化や、商品の現金化の為」に変化し、顧客様に還元するという気持ちではなく、ブランドの利益の為のS A L Eというイメージがついてしまいました。
お客様側のS A L Eに行く理由は「安い服を買いに行く」に変化し、大切な服を買うというより、不要な服を増やすイメージになっていますね。

S A L Eは今のところ、メリットよりデメリットが目立っているのが現状です。
私はS A L Eを、アパレル業界のお祭りだと思っています。
このようなワクワクするイベントをなくすのはとても寂しいことです。
今後もこのお祭りを楽しいイベントとして継続していくには、ブランドが簡単に安売りしないことが大切で、ブランドのアイデンティティを感じさせる商品と、売り上げの核となる商品のバランスをうまく取り、売り上げをつくり、余剰在庫はつくならい仕組みを考えることが重要です。

10年前、手の届かなかった憧れのあの服、「S A L Eで安くなってるかな?」とワクワクしながら買いに行く。
私はそんなS A L Eが、みんなが求めている楽しいS A L Eだと思います。


The way SALE should be 10 years ago and in recent years has changed significantly.
Clothes 10 years ago are reasonably expensive, and it is natural that you cannot easily buy any clothes.
SALE at that time was a special day when you could buy clothes that were too expensive to buy them.
The reason why such a day changed was the trend of fast fashion.
The values of clothes have changed dramatically, and SALE is no longer a special day.
Nowadays, the reason for doing SALE on the brand side has changed to “inventory reduction and cashing of products”, and instead of the feeling of giving back to customers, the image of SALE has become for the profit of the brand.
The reason for going to SALE on the customer side has changed to “going to busy cheap clothes”, and the image is to increase unnecessary clothes rather than buying important clothes.

So far, SALE has more disadvantages than advantages.
I consider SALE to be a festival in apparel industry.
I feel like very lonely to get rid of such an exciting event.
In order to continue this festival as a fun event, it’s important that brands don’t sell products easily, and it’s also important to make a good balance between the products that make you feel the brand’s uniqueness and the products that are the core of sales, and increase profits. It’s important to think about a mechanism for surplus inventory.

10 years ago, I went shopping for longed-for clothes that I couldn’t buy, with excitement, “is it cheaper on SALE?”
I think that such SALE is the fun one that everyone is looking for.

2022/01/14

stnk_sun