1. home
  2. Japan journal, Journal
  3. スウェットはsimple is best

スウェットはsimple is best

Sweatshirts, simple is best

Sweatshirts, simple is best

皆様、こんにちは。S A Y Aです。
私は、今も昔もスウェットが好きで、たくさん持っています。
ファッションには流行がありますが、スウェットはそんなことを気にせず着られる、王道のカジュアルアイテム。
しかも着心地最高です。
素材が柔らかく、締めつけ感もなく、リラックスして着ることができます。
スウェットは、見た目の華やかさには少し欠けていますが、他のアイテムを足すだけで、魔法をかけたかのように、華やかに変化します。

そんな今回は「スウェットはsimple is best」のお話しをしたいと思います。


Hi, everyone. I’m SAYA.
I always like sweatshirts and have a lot of them.
Fashion has trends, but sweatshirts are popular casual items that you can wear without worrying about trends.
Also, it is very comfortable to wear.
The material is soft, there is no feeling of tightening, and you can wear it relaxingly.
Sweatshirts lack brilliance in the looks, but they will change gorgeously just by adding other items as if it was enchanted.

This time, I would like to talk about “Sweatshirts, simple is best.”
・スウェットの歴史

1920年代にアメリカで誕生したと言われています。
アメリカで有名な「ラッセルアスレティック」の創業者の息子ラッセル・ジュニアが、高校のフットボールチームに所属していました。
当時着ていた運動着はウール素材で、肌触りも悪く、生地も硬い、汗によって皮膚がすりむけることもありました。
そんな着心地の悪い素材から、コットン素材にすることを父親に提案し、そのアイデアが受け入れられ「スウェット」がこの世に誕生したのです。

1934年には、「リバースウィーブ」という商品が誕生します。
もともとスウェットは、アメリカでスポーツウエアとして着られていた為、こまめに洗濯されていたり、乾燥機にかけるという文化があり、生地へのダメージも大きく、すぐに駄目になっていたようです。
この状況を解決するために、有名ブランド「チャンピオン」が縮まないスエットとして「リバースウィーブ」という商品を誕生させました。
「リバースウィーブ」とは、スウェットが縦に縮まないように、通常は縦織りされていた素材を横織りにすることで、縮みを抑えることができました。
さらに両脇を縦織りしたことで、横に縮むこともなく、形崩れしない最強のスウェットが誕生したのです。


History of sweatshirts

It is said to have been produced in the United States in the 1920s.
Russell Jr., the son of the founder of the famous American “Russell Athletic”, belonged to the football team in a high school.
The athletic clothes I wore at that time were made of wool, which has not a pleasant feel, rough fabric and then his skin was chafed by sweat sometimes.
From such an uncomfortable material, he proposed to his father to use a cotton material, and the idea was accepted and “sweatshirts” were produced in this world.

In 1934, a product called “Reverse Weave” was created.
Originally, sweatshirts were worn as sportswear in the United States, so there was a culture of being washed frequently and tumble-dried, and the fabric was badly damaged, so it seemed to be ruined immediately.
To solve this situation, the famous brand “Champion” had created a product called “Reverse Weave” as a sweatshirt that does not shrink.
“Reverse Weave” was able to suppress shrinkage by horizontally weaving a material that was vertically woven in general so that the sweatshirt would not shrink vertically.
Also, by weaving both sides vertically, the strongest sweatshirt that does not shrink horizontally and does not lose its shape was made.
・スウェットの魅力

1、通年着られる素材
タオルのようなパイル地でつくられた素材と、起毛したフワフワして保温性に優れた素材と2タイプあります。
真夏は厳しいですが、それ以外は全て着れる優秀な素材ですね。
2、気負わず着られる
スウェットは、ジェンダーレスで、老若男女問わず着れるアイテム。流行も気にせず着れるアイテムの一つですね。

スウェットは、柔らかく動きやすい素材、ゆったりリラックスできるサイズ感、デザインもシンプルで、どんなテイストのアイテムとも相性抜群。
スウェットは、カジュアルから綺麗めスタイリングまで、幅広いテイストで取り入れることのできる、万能アイテムなのです。


Charms of sweatshirts

Materials that can be worn all year round
There are two types : a material made of pile fabrics such as towel, and a material that is fluffy and has excellent heat retention.
It might be difficult to wear it during midsummer, but it’s an excellent material that you can wear except midsummer.
You can wear it relaxingly
Sweatshirts are genderless and can be worn by men and women of all ages.
It’s one of the items you can wear without caring about fashion.

It has soft and east-to-move materials, a relaxed size, and simple designs, so it goes well with items of any taste.
Sweatshirts are versatile items that can be incorporated in a wide range of tastes, from casual to beautiful styling.
・スウェットをお洒落に着こなすポイント
スウェットをラフに着こなしてしまうと、どうしても部屋着感がでてしまいますよね。
そんなことにならない、簡単な着こなしのポイントを3つご紹介します。

1、 スウェットに合わせる靴や鞄は綺麗めなものを
靴はローファーやミュール。
鞄も小さめのレザーバックなど、カジュアルアップするアイテムを合わせることで、一気にお洒落な印象に仕上がります。
2、 スウェットのサイズ感はコンパクトや短丈なものを
大きめサイズのスウェットは、ラフにみえてしまいがちです。
そんな時は、コンパクトなサイズ感や、短丈を選ぶことで、スタイリッシュに着こなすことができます。
3、 スウェットにアクセサリーは必須
スウェットは、装飾するものによってイメージが大きく変わります。
ラフな印象にならないように、パールのアクセサリーでエレガントにしてもよし、ゴールドやシルバーのアクセサリーでモードにまとめてもお洒落ですよね。
簡単にカジュアルアップできる方法なのでオススメです。


Points to wear sweatshirts fashionably
If you wear a sweatshirt casually, you will feel like you are wearing it in your room.
Here are three points to wear it easily not to happen such things.

Make sure your shoes and bags match your sweatshirts.
Shoes should be loafers and mules. By combining casual items such a leather bag with a small bag, you can create a fashionable impression at once.
The size of the sweatshirt should be compact or short.
Sweatshirts with larger sizes tend to look more casual.
In such a case, by choosing a compact size and short length, you can dress it stylishly.
Accessories are essential for sweatshirts
The image of sweatshirts changes greatly depending on what you decorate.
You can make it elegant with pearl accessories so that it doesn’t give a casual impression, or you can put it together in a mode with gold or silver accessories.
It is recommendable because it is an easy way to casually improve.
スウェットは元々スポーツウエアなので、着心地の良さや、耐久性も考えられて、作られた服。
有名なチャンピオンの古着は、今でも古着屋で高く売り買いされています。
この頃のスウェットは素材もデザインもとてもシンプル。

まさに“simple is best”という言葉がぴったりです。

シンプルなファッションアイテムは「服に着られる」ということはなく、どんな人でもその人らしく「着こなす」ことができます。
これが、長く飽きのこない服の共通点なのかもしれませんね。
スウェットのコーディネートは、サイズ感を変えたり、手持ちのカジュアルアップできる靴や鞄、アクセサリーをプラスするだけで大きく印象が変わります。

性別も、年齢も、流行も気にせず無理をしない、自分らしいファッションを、長く楽しむことのできるスウェットファッションは、これからもずっと着続けていきたいファッションの一つだと思っています。


Sweatshirts are originally sportswear, so they are made with consideration for comfort and durability.
The used clothing if famous champions is still sold and bought at high prices in second-hand clothing stores.
The materials and designs of sweatshirts these days are very simple.

The word “ simple is best” is just right.

Simple fashion items are not that the clothes are wearing you, but anyone can “dress up” in their own way.
This may be what clothes that you never get tired of for a long time have in common.
Coordinating sweatshirts can make a big different impression by simply changing the size or adding shoes, bags, and accessories that you can wear casually.

I think that sweatshirt fashion, which allows you to enjoy your own fashion for a long time without caring about gender, age, or trend, is one of the fashions that you want to keep wearing.

2022/04/12

stnk_sun