1. home
  2. Journal, Supplier journal
  3. リネンを中心とした湖東繊維の匠の技術を東京青山で展示会 ~2022年2月3日・4日~

リネンを中心とした湖東繊維の匠の技術を東京青山で展示会 ~2022年2月3日・4日~

.

.

134年の歴史を持つ(株)大長

東京・青山にて2022年2月3日~4日にて、麻の産地として有名な湖東産地の企業4社が終結した展示会を開催。KIZIARAIに参加の2社も参加されていますので、ヨーロッパなどのメゾンでも使用されている高品質なリネンを是非。
『(株)大長は何が得意??』

解撚技術が進化した近江反発加工
解撚とは??生機(加工される前の織っただけの生地)は非常にカチカチに固く仕上がっています。この固く織り上げられた生機を糸を解く加工を解撚と言います。近江反発加工は、この解撚の工程で生地をゆっくり手作業に近い形で揉みほぐしていくために従来の解撚技術よりも生地の膨らみ・ナチュラルなシボ形状を最大限にさせ天然繊維の本来の風合いを活かす事が出来ます。累計450万メートルの加工を行っており、弊社唯一の加工技術です。

またKIZIRARAIからでも無料でスワッチ依頼ができます。

ムラ染めのリネン
世界に通用する反撥樹脂加工という手法
キュプラに取れにくい皺加工を
【麻糸商会の得意な素材??】
麻糸水撚り商品:産地の強みを生かした麻独自の強撚タイプ商品。特に夏場の梅雨時期の着心地は麻独自の特性を持つ吸収・速乾性が有り,他繊維よりも接触冷感性優れております。
一度触って見て下さい。リネンとは思えない豊かな風合いの良さがあります。

またKIZIRARAIからでも無料でスワッチ依頼できます。
ヘンプ使いの素材
リネンに洗いをかけた素材
インポートライクなCheck

2022/01/13

Bird fab studio