1. home
  2. Japan journal, Journal
  3. 今年のアウターはどれにする?

今年のアウターはどれにする?

.

.

冬のアウター選びの時期がやってきました。毎年この時期になるとウキウキしちゃいます。

冬は、ほぼ毎日着るであろうアウター。冬はアウターで自分の印象が決まるので、とても重要なポジションだと思います。私は、1着を長く大切に着るタイプですが、アウターは自分の印象を左右する重要アイテムなので、毎年1着は買い足しています。買い足す1着は、あまり流行に左右されない、毎日着ても飽きのこない、毎年着たくなる1着を軸に選んでいます。
では今年も、お気に入りの1着を選んでいきたいと思います。
“チェスターコート”
クラシック回帰な今季は、チェスターコートのラインナップが豊富。チェスターコートとは、19世紀にチェスターフィールド伯爵が初めて着きたのが名前の由来だと言われています。メンズのアウターとして誕生し、テーラードジャケットが長くなったようなデザインから、カジュアルとして着る事はもちろん、フォーマルやビジネスライクなシーンでも着る事ができる定番のアウターです。今季のデザインのキーポイントは「大きい襟」「マキシ丈」「ベルトデザイン」「レザー素材」「チェック柄」。どれも素敵ですよね。いつものチェスターコートとは一味違う、ひと癖ある、お洒落なデザインを選んでみてください。
“キルティングジャケット/コート”
キルティングジャケットは名前の通り、中綿入りで、刺し縫いをした生地を使用したアウターの事です。元々は、ハンティングや乗馬の際に着用するアウターとして愛されていました。キルティングジャケットは上品で大人見えするイメージ。そんなイメージも素敵ですが、時にはカジュアルに着崩して、着こなすのも新鮮でオススメです。オーバーサイズでゆるっと着てみたり、スエット+ジーンズ+スニーカーのカジュアルスタイルに合わせるのもいいですね。今季のアウターはユルッと、ダボッと、気持ちも体もリラックスして着てみるのはいかがでしょうか。
“ボアジャケット/コート”
近年、冬になれば必ずお目見えする、ボアジャケット。もう定番アウターに仲間入りですね。ボアジャケットは、表面がモコモコした印象がたまらなく可愛いです。カジュアル感がありながら、着用しても着膨れせず、お洒落に決まるシーズンライクなアイテムです。形も様々で、ブルゾン、ライダース、ノーカラー、フードetc、毎シーズンごとにトレンドを落とし込んだ形がでてきています。今季は、ボアとキルティングの切替えやリバーシブルで着れるものが多く、洋服がシンプルな時でも、デザイン性の高いアウターがあれば、お洒落感がグッとアップしていいですよね。


皆様は、今年の1着をどれにするか決まりそうですか?

アウターは比較的、高価な買い物ですよね。私はもう少しじっくり考えようと思います。洋服を選んでいる時、スタイリングを想像している時、洋服のルーツを調べている時のワクワクする時間が私は大好きです。
皆様も、そんな洋服を買うまでの時間も楽しみながら、今年の相棒になる1着を決めてみてくださいね。

2021/11/21

stnk_sun