1. home
  2. Japan journal, Journal
  3. 和柄の魅力(市松模様)

和柄の魅力(市松模様)

.

.

皆様こんにちは。S A Y Aと申します。

今回は日本の伝統的な柄、“和柄”についてお話ししたいと思います。

私の想像した和柄のイメージは、昔おばあちゃんが着ていた着物や帯の柄、おじいちゃんが畑仕事の時、首に巻いていた手ぬぐいの柄、泥棒が背負っている緑の大きい風呂敷の柄。
こういったところでしょうか。

皆様は、和柄にどんなイメージをお持ちでしょうか。

今回はそんな和柄の魅力と、ファッションとの関係性についてご紹介したいと思います。
和柄の歴史
縄文時代の土器の表面に「より縄」を押し付けて描かれたものが1番古い文様と考えられていますが、和柄模様が本格的にデザインされ始めたのは、平安時代以降が多い様です。
平安時代初期、日本は中国の影響を受けたデザインのものも多くありましたが、その後平安時代後期には、日本の文化の発達や変化と共に、デザインも日本独自のものと変化していきました。
デザインの特徴としては、自然の持つ美しさや、季節、日本伝統の言い伝えなどがパターン化された物が多いです。

また、武家の家紋をパターンにして和柄が作られることもありました。和柄模様とは100年以上継承されている、とても歴史深く、ロマンを感じてしまいました。
今回ご紹介する和柄(市松模様)
和柄の種類はとても多く、一柄一柄を語ると、とてもじゃないですが一記事では足りません。ということで、今回は現代ファッションでも人気のある“市松模様”をご紹介していこうと思います。
市松模様は碁盤目状の格子の目を色違いに並べた模様で、いわゆるチェック柄と同様の模様です。
「石畳」「霰(あられ)」などとも呼ばれ、英語では、チェッカーフラッグ柄やチェスボード柄とも呼ばれていますね。
市松模様は、上下左右に途切れず続く模様が特徴、終わりがないようなイメージで、永遠や、発展拡大、繁栄を意味する柄と呼ばれているようです。
2020東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムやオリンピックキャラクターデザインにも使用されましたね。
このエンブレムは、「組市松紋(くみいちまつもん)」と命名され、3つの四角形から形成されていて、国や文化、思想の違いなどからくる、多様性を表現されたようです。
2020年空前の大ヒットアニメ、鬼滅の刃のキャラター主人公、竈門炭次郎が着ている着物の柄も緑と白の市松模様でしたね。
炭次郎カラーの市松模様マスクや洋服に身を包む、鬼滅の刃ファンの子供達が街中に溢れかえっていました。
東京オリンピック・パラリンピック、日本のアニメをきっかけに、まだ和柄を知らない世界中の人々が和柄を知り、興味を持ち、和柄の良さを知っていただけるきっかけになれば良いなと思います。
・和柄(市松模様)とファッションの関係性
古典的な紋様の市松模様は着物や帯、和小物のイメージが強いですが、現在ではファッションアイテムとして身に付けている方も多いのではないでしょうか。
例えば、ハイブランド、ルイ・ヴィトンの定番柄「ダミエ」は、日本の市松模様にインスピレーションを受けていると言われています。スケート&サーフカルチャーのアイコンブランド「VANS」の定番スニーカー「チェッカーボードスニーカ(市松模様)」は今でも根強い人気があります。S N Sで今年のトレンドファッションを見ていても“市松模様”アイテムがたくさん出てきます。まさかこの柄が100年以上前からあるものだとは思えないくらいの、今も昔も変わらず愛される柄の1つだと感じます

日本には“温故知新”という有名な四文字で作られた熟語があります。意味は「昔のことを知り、そこから新しい考えや知識を得ること」和柄(市松模様)の事を知り、そこから現代の和柄の姿が見えてきましたよね。
今当たり前として存在している和柄(市松模様)ですが、100年以上も前の柄が現代ファッション最前線の柄物として、存在していることに尊さを感じます。

日本の歴史深い和柄(市松模様)。今後のファッションやカルチャーとの新たな融合が楽しみです。







2021/11/21

stnk_sun