1. home
  2. KIZIARAI Recommend
  3. 尾州のレジェンドが作る『タキオリ』

尾州のレジェンドが作る『タキオリ』

「TAKIORI」made by the legend in Bishu

尾州传奇之作“TAKIORI”

今回ご紹介するのは、愛知県一宮市にある小塚毛織の裂き織、通称『タキオリ』

裂き織とは不要になった生地細く裂いて、綿や麻などのタテ糸のヨコ糸に裂いた糸を使用して織った生地のことを言います。
使い古した着物や浴衣などを使って織られた、伝統的なリサイクルの方法です。

この技法を現代の織機に応用して廃棄生地をリサイクルできないかと考えて出来たのが、タキオリです。

This time I am going to introduce Keori Kozuka’s rag weaving - Sakiori, which is commonly called “TAKIORI” in Ichinomiya City, Aichi Prefecture.
Sakiori, rag weaving, is a textile weaved by using warp yarns such as cotton and linen and weft yarns which were torn unnecessary yarns into narrow strips.
That is a traditional technique for recycling, which is woven by using worn-out kimono and yukata.
“TAKIORI” was created in order to apply this traditional technique into modern weaving machines, and then recycle waste fabrics.

多岐に渡る様々な工程

There are lots of various processes.

まず織物をバイヤスにして機械でテープ状にカットし、長い一本の糸にする為、繋いでいきます。
そうして出来たテープ状の糸を捩れがないように一本一本丁寧に織機に設置していきます。
この織機にかかった状態が滝のような美しさから、タキオリという名前がついたそうです。

通常の裂き織だとヨコ糸に使用するのが一般的ですが、このタキオリはタテ糸に使用するのが最大の特徴で、テープ状の糸がタテに美しく並んで見えるのが他にないこの生地の魅力です。
またヨコ糸に使用した場合だと1反(50m)で約150mの生地をテープ状にカットして糸として使用するところ、タキオリはタテ糸に使用しているため、60〜70mの生地で生産出来るので、
比較的軽く、コストも抑えられるのがメリットです。

First, in order to make a long yarn, the fabric is cut on the bias into tapes with a machine, and then ties the tapes together to make a long yarn.
And preventing from using twisted yarns, each tape yarn will be set up on the weaving machine carefully.
It is said that TAKIORI was named because such yarns on the machine looked like a waterfall, which is called “TAKI” in Japanese.
In general, Sakiori, rag weaving makes textiles by using tape yarns as horizontal weft yarns, but the biggest feature of TAKIORI is that it uses tape yarns as warp yarns, not weft yarns.
There is no other such beautiful tape yarns lined up in the vertical direction.
TAKIORI also has great advantages because it is relatively lighter and be able to reduce the cost. For example, in the case of using weft yarns of a general rag weaving – Sakiori, about 150m textiles will be cut into a 50m tape to use them as a yarn, but since TAKIORI is used for warp yarns, only 60-70m textiles will be used.

物作りの現場から提案するファクトリーブランド『EYCK』

小塚毛織さんのオリジナルブランド『EYCK』では、タキオリを使って様々な製品を販売されています。
カバンは生地や持ち手部分などを自分でカスタマイズしてオーダーも出来るようです!

EYCKホームページはこちら→
Kozuka Keori’s original brand “EYCK” sells various products using TAKIORI.
It seems that you can customize textiles and handles of the bag yourself and order it!
EYCK homepage is here →

オンラインショールームでは小塚毛織さんのこだわりの生地なども見ることが出来るので是非チェックしてみて下さい。
小塚毛織オンラインショールーム

In the online showroom, you can see Keori Kozuka’s special textiles, so please check it out.
Click here Keori Kozuka’s showroom


2021/10/10

Bird fab studio