1. home
  2. Japan journal, Journal
  3. 廃棄食材とファッションのコラボレーション

廃棄食材とファッションのコラボレーション

Collaboration between food waste and fashion

.

皆様、こんにちは、S A Y Aです。
皆様は廃棄食材について、考えてみたことはありますか?
自炊をし、いつもより多く生ゴミを出してしまった時、外食した時に頼みすぎて食べきれずに残してしまった時、スーパーで見切り商品やおつとめ品が山積みになっている時。そんな時はモヤモヤが止まりません。
食材廃棄問題は、飲食店やスーパーだけではなく、消費者である私達も大きく関わりのある問題です。食材廃棄問題とは縁遠いとイメージする、ファッション業界が、廃棄食材を再利用して魅力的なファッションアイテムにするというプロジェクトがあります。今回はそんなサスティナブルファッションの取り組みのお話をしたいと思います。

Hello everyone, this is SAYA.
Have you ever thought about food waste?When you cook your own meals and have more garbage than usual, when you order too much at restaurants and are unable to finish eating them, or when there are a pile of closeout products and service items at the supermarket, I cannot stop feeling uneasy.The issue of food waste is not only a problem for restaurants and supermarkets, but also for us as consumers.There is a project that the fashion industry, which is far from the issue of food waste, makes attractive fashion items by reusing food waste.This time, I would like to talk about some activities of such sustainable fashion.

フードテキスタイル/Food Textile
繊維専門商社の豊島が“着る野菜”をコンセプトに廃棄食材を染料として活用するプロジェクト。食品企業から色の原料となる廃棄食材を提供してもらい、その食材で染色した生地を、アパレル企業と連携して商品化を進めていくプロジェクトです。

It is a project that Toyoshima, a specialized trading company dealing with textiles, makes the best use of food waste as dyes under the concept of “vegetables to wear”. The project is that food companies provide food waste which can be raw materials of color and the company commercializes textiles dyed with those foods in collaboration with apparel companies.

この食材がこんな色に!?

This food turns such colors !?

では実際にどんな食材からどのような色が出るのでしょうか。
50の食品から500色のバリエーションがあるようです、、、色数の多さにびっくりです。
今回はその中から個人的に好きな色を3色に絞りご紹介します。
“紫キャベツ”
あのビビットな紫から想像出来ないほどの優しいベージュや淡いピンクに。
“コーヒー”
コーヒー豆では見たことがない、明るい黄色が混ざったようなカーキや、赤みのあるこっくりしたブラウンに。
“ブルーベリー”
透明感のあるブルーグレーと、赤みが強いベージュの印象が全く違う2タイプに。
一つの食材で様々な色を有していることが分かりますね。他にもたくさんの色がありますが、、、この野菜がこんな色に!?元々はこんな暗い色が、、、こんなに透明感のある柔らかな色に!?など、いい意味で期待を裏切られる色がたくさんありました。
click Here⇒サスティナブルな生地一覧はこちら
So what kind of foods actually produce what kind of colors?
It seems that there are 500 colors variations from 50 foods... I am surprised at the large number of colors.
This time, I will introduce my favorite three colors.
“Purple cabbage”
Purple cabbage will turn gentle beige or pale pink color that you cannot imagine from that vivid purple color.
“Coffee”
Coffee beans will turn khaki color mixed with bright yellow and reddish brown color you have never seen.
“Blueberry”
Blueberry will turn completely different two types of transparent blue gray color or strongly reddish beige color.
You can see that a food has various colors.There are many other colors,,, but this vegetable can turn this color !?Originally, such a dark color can be such a transparent and soft color!?Because of that, there are lots of unexpected colors in a positive way.
click Here⇒Sustainable Texile
廃棄食材とファッションのコラボレーション
Collaboration between food waste and fashion

科学染料化学染料?で染めた色とは違う、優しく透明感のある色味のフードテキスタイル。多くのファッション企業とコラボをしています。人気シューズメーカーのコンバースからは赤かぶや、エスプレッソコーヒーから染めたカラーのスニーカー(ジャックパーセル)が発売され、ハーブやアロマを取り扱っている企業からは、販売基準を満たせなかったハーブティーで染めたエプロンやエコバックなど。エプロンはユニホームとして採用され、エコバックは商品として販売されています。その他にも人気カジュアルブランドからTシャツやブラウス、シャツワンピース、女性用の下着まで幅広く、さまざまなブランドやデザイナーから注目されているプロジェクトなのがよく分かります。
click Here⇒サスティナブルな生地一覧はこちら
A food textile with a gentle and transparent color that is different from a dyed color with chemical dyes. It collaborates with many fashion companies.Popular shoe maker, Converse has released sneakers (Jack Purcell) dyed from a red radish and espresso coffee, and a company dealing with herbs and aromas has made aprons and eco bags dyed from herbs tea that did not meet the sales standards.The apron is adopted as a uniform and the eco bag is sold as a product.In addition, you can see that it is a project which is garnering attention from various brands and designers because of a wide range from popular casual brands to T-shirts, blouses and shirts dresses, and women’s underwear.
click Here⇒Sustainable Texile
廃棄食材で染色され、また新たな命を吹き込まれたファッションアイテムは、自然由来の優しい色合いで、とても魅力的なものがたくさんあります。そんなサスティナブルファッションを多くの方に知ってもらい、楽しんでもらうことを考える企業があるということは、日本のファッション業界の未来が少し明るく思えました。アパレルで長年働いていた私は、服の色に対しての興味はありましたが、染料のことは何も考えたことがなく、とても無知だったと思います。商品を売る立場では見えてこなかった大切なことが、消費者になった今、どんどん見えてきている気がします。明日からは、ファッションの未来がまた少し明るくなるような、そんな買い物をしようと思います。
Many renewed fashion items dyed with food waste are very attractive with gentle colors derived from nature.I can believe that the fashion industries in Japan have a little bright future because there are companies that are able to think about making such sustainable fashion known to many people and having them enjoy it.Because I was working at an apparel company for many years, I was interested in colors of clothes, but I have never thought about dyes ,so I thought that I was ignorant.Now I feel like that I can see the important things which I couldn’t see from the standpoint of a seller more and more as a consumer.From tomorrow, I will do such shopping so that the future of fashion will be a little brighter again.

2021/11/23

stnk_sun