1. home
  2. Japan journal, Journal
  3. 服に寿命なんていらない理由

服に寿命なんていらない理由

The reason why clothes have no lifespan

.

皆様、こんにちは。S A Y Aです。
服を買う時、その服の作られた背景や、その服の未来について考えて買い物したことはありますか?お恥ずかしい話、私は今までそんなことを考えながら買い物をしたことがありません。服を買う時は必ず“自分の好きなもの”というフィルターを通して商品を選んでいました。今思えば、無責任で自己中心的な買い物スタイルです。そんな自分が恥ずかしいと思えるくらいに、今はファッションと地球の環境問題について学んでいます。地球の環境を守りながら、ファッションを楽しみたい。そんな思いで今日は服の“アップサイクル”のお話をしていきたいと思います。


Hi, everyone. I am SAYA.
When you purchase clothes, have you ever thought about the background and the future of clothes? It is difficult to say, but I have never thought about it when I go shopping.Whenever I bought clothes, I always selected the products through my own filter “What I like”. Thinking about it now, it is the irresponsible and self-centered shopping style. I’m so embarrassed that I’m just learning about fashion and global environmental issues.I want to enjoy fashion while protecting the environment of the earth.Having those thoughts, today I would like to talk about “upcycle” of clothes.
・服のアップサイクルとは
リサイクルという言葉はよく耳にしますが、アップサイクルとはあまり聞き慣れない言葉だと思います。リサイクルは廃棄物や不用品を再資源化することですが、アップサイクルは廃棄物や不用品を利用し、もともとの製品の良さを残しながら、物自体の価値を高めて生まれ変わらせることを指します。リメイクと少し似ている感じがしますが、リメイクは価値を上げるものと、下げるものと、どちらの意味も含まれています。


What is the “upcycle” of clothes?
People often hear the word recycle, but I think “upcycle” is an unfamiliar word. “Recycle” is to recycle waste materials and unwanted items, but “upcycle” refers to use waste materials and unwanted items, increase the value of the thing itself and reborn them while retaining the good points of original products.It might be a little similar to “remake”, but remake has both meanings of increasing and decreasing value.
・アップサイクルが注目される理由
昨今は、大量生産により安い商品が出回り、多くのロスが発生しています。私がアパレルで働いていた頃、“人気商品を追加発注し、想像以上には売れず、在庫を持ちすぎてしまいデッドストックになってしまう”なんてことは頻繁にありました。そんなデッドストックで新しい服を作ることで、廃棄量を減らすこともできますし、新しい材料を揃える必要もなく、新しい服を生み出すこともできます。リサイクルでは、素材を溶かすことや、分解するという工程が必要になってくるので、それ相当のエネルギーを使うことになりますが、アップサイクルではその必要もなく、今あるもので、新しく価値の高いものを生み出せることが最大のメリットです。少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、ゴミを宝物に変える取り組みですよね。アップサイクルが注目されるのも納得です。


Reason why “upcycle” is attracting attention
Nowadays, cheap products are on the market due to mass production, and a lot of losses are caused. When I was working at an apparel store, I often experienced such a thing like “I ordered additional popular products, they didn’t sell as expected, and I had too much inventory, resulting in dead stock”. By making new clothes with such dead stock, the amount of waste materials can be reduced, new materials don’t need to be prepared, and new clothes can be created.Recycling requires the process of melting and decomposing materials, so it requires a considerable amount of energy, but upcycling does not require it, so the biggest merit is that it can create new and high-value products that we have now.It might sound like an exaggeration, but it’s like an effort to turn trash into treasure. It is understandable that upcycling is attracting attention.
・アップサイクルで新たな命が吹き込まれたもの
材料は、服のデッドストックからアップサイクルするのはもちろんですが、世界中で問題になっている廃タイヤや、海洋プラスチックゴミから、財布やバック、サンダル、アクセサリーなどに生まれ変わったり、日本の駅や商業施設の忘れ物で有名なビニール傘。こちらもおしゃれなバックや財布、帽子などに生まれ変わっていました。ヴィンテージの椅子張り生地やカーテン、シーツの生地から1点もののレトロな洋服をアップサイクルされている作品もあります。最近のアップサイクルの作品で、有名なファッションデザイナー同士が自分たちの過去の作品をトレードして、互いの作品の良さを生かしながら新たにデザイナーそれぞれの個性を吹き込み、新たな作品を生み出すというプロジェクトがありました。二人は世界で活躍する有名デザイナーですが、デザイナーである前に、この地球に住むファッションを愛す同じ人間。そんな視点から、同じ目的で同じ方向を向き、アップサイクル作品を作るという素晴らしいアクションに感銘を受けました。


Things that “upcycle” breathed new life into
Of course, materials are upcycled from dead stock of clothes, but waste tires and marine plastic garbage, which are problems all over the world, are reborn as wallets, bags, sandals, accessories and so on. Also, vinyl umbrellas that are famous for being left behind at stations and commercial facilities in Japan. This was also reborn as a fashionable bag, wallet and hat.There are also works that have been upcycled one piece of retro clothes from vintage upholstery textiles, curtains and sheets textiles.In recent upcycling works, there was a project that famous fashion designers trade their own past works, created new works by infusing each designer’s individuality while making the best use of each other’s works.They are famous designers who are active in the world, but before they are designers, they are the same people who live on the earth and love fashion.From that point of view, I was impressed by the wonderful action of creating upcycling works with the same purposes and directions.
今後、ブランドやデザイナーは、アップサイクルを取り入れながら、新しい作品や商品を見いだしていくことが当たり前の世界で、消費者の私達も、服を買う時はアップサイクルされている商品を購入したり、アップサイクルされやすい素材を選び購入するなどのアクションが必要になってきますね。

服に寿命なんて存在しません。
生かすか殺すかは私達の行動次第になってきます。
まずは自分の着ている服や、これから手にする服を未来につなげていけるように「地球を守るのは私達」という自覚を持ち、サスティナブルライフを過ごしていけるようにしたいですね。


In the future, it would be obvious for brands and designers to discover new works and products by incorporating upcycling, we also need to take actions as consumers such as purchasing upcycling products and selecting materials that are easy to upcycle when we purchase clothes.

Clothes have no lifespan. It’s all up to our actions.
First, I want to live a sustainable life by being aware that “we protect the earth” so that we can connect to the future with clothes that we wear now and will get.

2022/01/07

stnk_sun