1. home
  2. Japan journal, Journal
  3. 空間とファッション①~DCブランドにおけるディレクションの面白さ~

空間とファッション①~DCブランドにおけるディレクションの面白さ~

Space and Fashion Vol. 1 ~Fun of direction in DC brand ~

Space and Fashion Vol. 1 ~Fun of direction in DC brand ~

こんにちは、Monです。

突然ですが、皆さんは空間、あるいは場所を考えて洋服を決めた経験はありますか?
TPOという言葉は今では浸透していないように感じますが、空間と人が身にまとうものの関係性は非常に重要であると私は考えています。
密接な関係性の例として、多くのファッションコレクションは会場の設定も含め、そのブランドを表現するためのディレクションの1つであります。


Hi, I’m Mon.

Suddenly, have you ever decided on clothes by considering space or place?
I feel that the word TPO is not widespread now, but I think the relationship between space and what people wear is very important.
As an example of close relationships, many fashion collections are one of the directions to express the brand, including setting up the venues.
以前、今期22SSのファッションコレクションからトレンドを読み解きましたが、今回は私が注目した各ブランドの会場設定についてご紹介したいと思います。

①日本の電車内
私が今季最も印象に残ったkolorのコレクションは、京急蒲田駅の電車内で行われました。
電車という日本人にはとても身近な場所で、招待客が座席に座り、車内通路がランウエイとなります。
今までにない新鮮さを感じたのは、オーディエンスとモデルの距離感やすべての人が同じ仕切りのない空間にいたからでしょうか。
さらに私は、kolorならではの原色を多く使用するクリエイションだからこそ、この空間に違和感と新鮮さを覚えたのではないかと考えています。
日本における電車というものは、乗客は基本的に騒ぐことはなく静かな空間、朝と夕方にはラッシュと呼ばれるほどの会社員が乗り合わせます。
多くの会社員はスーツで出勤するのが日本の文化であり、日常であると思いますが、スーツは基本的に黒や紺色といった暗い色がおおく、目立つ色は使われていません。
だからこそ、華やかな衣装が電車内で映えて、非日常感が生まれたのではないかと感じました。


Previously, I read trends from 22SS fashion collection this term, but this time I would like to introduce the venue setting of each brand that I paid attention to.

On a Japanese train
The kolor collection that left the most impression on me this season was on the train at Keikyu Kamata Station.
The train is a very familiar place to Japanese people, where invited guests sit in their seats and the aisle inside the train becomes a runway.
Perhaps the reason why I felt the freshness as never before was because of the distance between the audience and the model and the fact that everyone was in the same open space.
Also, I think that the creation that uses lots of primary colors unique to kolor may have made this space feel strange and fresh.
Trains in Japan have basically quiet spaces where passengers do not make noise, and many office workers ride in the morning and evening, which is called rush hour.
I think that it’s Japanese culture and daily life for many office workers to go to work in suits, but suits are basically dark colors such as black and dark blue, and no eye-catching colors are used.
That’s why I felt that the gorgeous costumes shined on the train and could create extraordinary space.

②日本庭園
日本庭園である東京・八芳園で開催されたBED j.w. FORDのコレクションもまた、目を引くディレクションであったと言えます。
八芳園は、元は大久保彦左衛門の屋敷でしたが、庭園として購入・整備し、現在約300年の歴史を持つ日本庭園となっています。
今では結婚式会場として多く利用されるなど、日本古来の文化を保ち続ける空間となっています。このような場所で、日没後に当ブランドのコレクションが開催されました。
目立ったのは、赤を大胆に用いたルックです。
また、美しいグラデーションの効いたシースルーのナイロンコートなどを注目されていたようです。
全体を通して、日本庭園だからこそといった、和装を感じさせるルックはみられず、むしろリアルクローズとして普及されてもおかしくないような快適さを感じるディールが目立ったように思います。

このことから、前述したkolorのコレクションと同様に「相反性」が少なからず存在していたことで、強メッセージ性を感じられたのではないかと思います。


Japanese garden
It can be said that the collection of BED j.w. FORD held in Happoen, Tokyo, which was a Japanese garden, was also an eye-catching direction.
Happo-en was originally the residence of Hikozaemon Okubo, but it was purchased and maintained as a garden, and now it’s a Japanese garden with a history of about 300 years.
Nowadays, it’s often used as a wedding venue, and it’s a space that keeps the Japanese ancient culture.
In such a place, the brand’s collection was held after sunset.
What stood out was the look using a red color boldly.
Also, it seems that the see-though nylon coat with beautiful gradation was attracting attention.
Throughout the whole, there is no look that makes you feel Japanese clothes, such as because it’s a Japanese garden, but rather I think that the deals that feel comfortable even if they are popularized as real clothes become conspicuous.

From this, I think that the strong message was felt by the fact that there was not a little “reciprocity” same as the kolor collection mentioned above.
いかがでしたか。
このような日本独自の空間を生かしたディレクションは、今後世界に日本文化の魅力を発信できる機会ではないかと感じました。

今後もDCブランドのコレクションに注目してみましょう。
それではまた次回。


How was this time?
I felt that this kind of direction that makes use of Japan’s unique space would be a good opportunity to convey the attractive points of Japanese culture to the world in the future.

Stay tuned for DC brand collections. See you next time,

2022/06/27

Mon