1. home
  2. How to
  3. Textile making〜ジャガード編〜

Textile making〜ジャガード編〜

Textile Making-Jacquard Edition-

Textile Making-Jacquard Edition-

ジャガードとは?

What is a jacquard?

今回はジャカードの特徴や生地企画についてご紹介したいと思います。

ジャカードとは、柄が織り込まれている生地のことで、プリントとは違い糸の表情や凹凸感があるのが特徴です。糸を先に染めてから織る、先染タイプや、織り上がったジャカード生地を後から染める、後染タイプがあります。後染タイプは、異なる染料で染まる糸を配列することで、配色表現が可能なものもあります。

規則的な模様を織り出すドビー織機とは違い、経糸一本一本が独立して動かせるため、より自由なデザインが可能になる反面、無地に比べると手がかかるためコストは高くなります。

表現の自由度が高い織物なので、緯糸や経糸何本か飛ばして織り込み、飛ばした糸の部分を切るカットジャカードや、生地を上下二層に織り分ける風通ジャガードなど、種類も様々です。

This time, we would like to introduce about feature of jacquard and the fabric planning.
Jacquard is fabric which pattern is woven, and the feature which have expression of yarn and rough unlike printing. There are two types that yarn dyeing and piece dyeing. Piece dyeing can express color scheme by arranging different dyed yarn with different dyes.
Unlike a dobby loom that weaves regular patterns, jacquard loom can be moved each warp independently, which allows for more free design, but it is more expensive than plain fabric.

ジャカードは経糸一本一本が上がったり、下がったすることで、自由な柄の表現ができるとお伝えしましたが、その一本一本を制御するのが紋紙というものです。紋紙は穴が空いた蛇腹に畳まれた厚紙で、紋紙の穴が開いてる場合、経糸を操り人形のように自在に動かすための糸(通じ糸/つうじいと)が上がるので、緯糸が通る仕組みになっています。最近では、経糸の制御を電子化した、コンピュータージャカード織機もあります。ジャガード織機のこの紋紙はコンピュターの起源とも言われています。

ジャカード生地を依頼する場合は、1から柄を作成して紋紙を作っていただくので、紋紙の作成費用がかかってきます。柄の大きさや密度によって費用は変わってきます。
Since it is a woven fabric with a high creative freedom of expression, there are various types such as cut jacquard that skips several weft and warp and cuts the skipped yarn, and ventilation jacquard that weaves the fabric into two upper and lower layers.
We told that jacquard is possible to express a free pattern by up and down each warp, but it is the jacquard card that controls each one. The jacquard card is a cardboard of accordion fold with holes, and when the jacquard card has holes, the yarn for freely moving the warp like a puppet rises, so the weft is a mechanism to pass through. Recently, there is also a computer jacquard loom that digitizes the control of warp. This card of jacquard loom is said to be the origin of computers.



ジャカードの生地企画をする時に大切になってくるのが、
①後染タイプか先染タイプか
②経糸、緯糸それぞれの色数の制限
③柄リピートのサイズ

この3つを先に確認してから、柄をどうするか?どんな糸や風合いにするのか?何色にするのか?を考えていくとスムーズにいくと思います。

古着や作りたいベースの生地がある場合は、依頼するサプライヤーさんによって、得意不得意があります。例えば、経糸がフィラメントの場合は北陸・桐生・米沢・富士吉田の機屋さんが得意とか、スパンだと、西脇や尾州の機屋さんの方が得意とか...
KIZIARAIに参加して頂いているサプライヤーでは、浅四毛織工業・小倉織物・宮眞が得意とされてます。

コストや生産ロットが変わってくる場合もあるので、サプライヤーの特徴などは、サプライヤーショールームの情報を参考にするのも良いと思います。


是非、作りたい色や柄でオリジナルのジャカードを依頼してみてはいかがでしょうか。

When creating jacquard fabric, you have original pattern created from scratch and make a jacquard card, so it will cost you to make a jacquard card. The cost depends on the size and density.
What is important when planning jacquard fabrics is
1, Piece dyeing or yarn dyeing
2, Limitation on the number of colors for warp and weft
3, Pattern repeat size
What should you do with the pattern after confirming these three first? What kind of yarn and texture do you want? What color? I think that it will go smoothly if you think about them.
If there are used clothes and the base fabric that you want to make, there are strengths and weaknesses depending on supplier you request. For example, if the warp is filament, Hokuriku, Kiryu, Yonezawa, and Fujiyoshida are good at it, and if it is span, Nishiwaki and Bishu are the better...
Among the suppliers participating in KIZIARAI, Asashi Keori Kogyo, Ogura Textile, and Miyashin are good at it.
There are case in which costs and production lots may change, so it would be good to refer to the information in the supplier showroom for the characteristics of the supplier.

2021/09/13

Bird fab studio